速報芸能 RYUDA

皆が知りたい情報を最速で発信していきます

国内外・情勢

インフルで死亡事故37歳「はとバスが夢だった」原因は体育会系の絶対的な上下関係と安月給!?

投稿日:

「観光バスの運転士になることを決めてたときから、業界大手のはとバスで働きたいと思っていました。」

4年前、念願のはとバスに就職した運転手は採用ホームページでこう夢を語っていた。

 

しかし、

 

12月4日38度の超高熱でハンドルを握り事故を起こしてしまった。


事故を起こした、運転手は森聡一容疑者(37)

路肩で作業していたハイヤーの運転手の宮崎昭夫(52)が巻き込まれて死亡。

森聡一容疑者は

後の検査でインフルエンザに感染していたことがわかった。

事故前後の記憶がなく、前日から風邪気味で葛根湯を飲んでいた

仕事に穴をあけると仕事が来なくなると思ったと

語っている。

 

被害者の宮崎昭夫さんの知人コメントでは、

真面目で口数の少ない性格で、運転手を長く続け、数年前に父をなくしてから寝たきりの母親を介護しながらの生活で大変そうでした。

あの子は私を置いて先に逝っちゃったよと母は泣いていた。とのこと

 

裏側を調査してみると、

  • 部活動のような絶対的な上下関係
  • 体調不良を非常に言い出しにくい環境
  • 他人と違うことをすれば白い目で見られ居場所がなくなる
  • 給料も安く、残業前提でないと人並みの生活は送れない

 

これに対し、はとバスは

一層の安全対策と事故防止の徹底に全力で取り組むと回答

運転手の健康管理を真っ先に見直すべきだろう。

関連記事

2020東京五輪 清水希容選手&喜友名諒選手 型の部”優勝” 全日本空手道選手権

    清水希容選手(左)が必死に形相で両拳を突き出せば、 喜友名諒選選手(右)も、鬼神もかくやとといった表情で掌底を繰り出す。   12月8日に行われた、全日本空手道選手権大会最 …

リクナビの「内定辞退率」販売問題は氷山の一角!「就活信用スコア」取引のえげつない闇

企業にとっては喉から手が出るほど欲しいデータ。 それは、「学生の内定辞退率」。 この情報をリクルートキャリアが各企業に対して、販売していたことがわかった。   対し、政府の個人情報保護委員会 …

悠仁さま、少年の主張大会に佳子さまと出席 初の二人だけの公務

12月8日、都内で開催された「少年の主張」 全国大会に出席 今年中学に進学された弟の悠仁さまを伴い、初めて佳子さまと二人だけの公務。   大会では12人が発表。 自らが抱えている視覚障害につ …

【衝撃】子供を叱ったら通報!?これも虐待に”令和のしつけ”

  小2の息子を怒鳴っていたら通報された。 ’19年11月3日、47際の母親の当初が新聞に掲載された。   11月29日の法務省の発表によると、 ’18年の …

だから私は夢中になる!現代ムーブメント”熱狂”の秘密に迫る

現代の私達が心惹かれ、時間と思いを費やしているものには、どんな要素や理由があるのか? 徹底解析したところ12のキーワードが出てきました。   熱狂は個人から生まれる時代に 取捨選択が自由にで …

-国内外・情勢

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA