速報芸能 RYUDA

皆が知りたい情報を最速で発信していきます

国内外・情勢

クレジットの女性差別は本当にあるか?怒りのツイートからの考察

投稿日:

起業家の怒りのツイートを発端にクレジットカード会社に対して非難の嵐が起きているが、

差別の証拠は出ていない。現在の状況から、裏側を考察してみる。

 

クレジットカードと女性の歴史

過去、クレジットカードの取得・仕様を含めて、女性がお金を借りるのはもちろん昔は難しかった

アメリカでは殆どの銀行やカード会社は、男性の連帯保証人がいない女性を門前払いしていた。

 

そんな差別は1974年の信用機会均等法で解消されたはずだが、

今でも女性の方が分が悪い。男性よりも高い金利を課せられる。

 

女性起業家のし緊張卓学はベンチャーキャピタルの投資総額の3%に満たない。

女性経営者のほうが平均的に稼いでいるはずなのに、融資額は半分に満たない

 

これが現実。だからカード会社による女性差別なんて話を聞くとみんな過剰なまでに反応する。

問題は業界全体にある

クレジットカード比較サイト「コンペアカーズ・ドットコム」のマット・シュルツは

「貸し手側は審査アルゴリズムを秘密にしている。そこに透明性がないから、消費者にとって納得できない審査が出るたびに、カード会社が疑われる」と指摘。

何故か妻の利用限度額は自分の10分の1だと言うスティーブ・ウォズニャックも反応。

 

 

問題の本質はむしろ別

ハンソンが夫婦の利用限度額に20倍も差があることを怒り込めてツイートした直後、

ジェイミーのカード利用限度額は上方修正されて夫と同額になった。

 

ジェイミーはコメントを出して、限度額が速やかに変更されたのは、

自分たちの裕福な財務状況に関係があるかもしれないと認めている。

 

「これは性差別だとか、クレジットカードの審査アルゴリズムの不透明性とかの問題ではない

むしろ問題はお金持ちの言い分はたいてい通るという現実だ

 

最後に、

「金持ちで肌の白い一人の女性にもたらされた正義は必ずしも全ての人にと手の正義ではない」

とコメント

関連記事

だから私は夢中になる!現代ムーブメント”熱狂”の秘密に迫る

現代の私達が心惹かれ、時間と思いを費やしているものには、どんな要素や理由があるのか? 徹底解析したところ12のキーワードが出てきました。   熱狂は個人から生まれる時代に 取捨選択が自由にで …

【衝撃】中国政府が導入したロボット警察がヤバすぎる。5G対応で通行者の顔を片っ端から自動認識

  中国・吉林省にある長春駅では、 ずんぐりとした楕円形ボディを持つ白いロボットが駅構内を動き回っている。 子どもたちに見つかると、たちまち取り込まれるほどの人気である。   この …

【衝撃】子供を叱ったら通報!?これも虐待に”令和のしつけ”

  小2の息子を怒鳴っていたら通報された。 ’19年11月3日、47際の母親の当初が新聞に掲載された。   11月29日の法務省の発表によると、 ’18年の …

悠仁さま、少年の主張大会に佳子さまと出席 初の二人だけの公務

12月8日、都内で開催された「少年の主張」 全国大会に出席 今年中学に進学された弟の悠仁さまを伴い、初めて佳子さまと二人だけの公務。   大会では12人が発表。 自らが抱えている視覚障害につ …

【今年は9連休】仕事納め2019と仕事初め2020年はいつ?企業・銀行・役所など

今年の年末は9連休です! 2019年の仕事納めは、12月27日までで仕事納めになるのが一般的です。 2020年は1月4日・5日が土日のため、6日から仕事初めになるようです。   一般企業の場 …

-国内外・情勢

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA